×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

レボトミン錠は太るのか

レボトミンは、緊張や神経の高ぶりを抑え、気持ちを落ち着かせる効果があります。レボトミンは、うつ病や躁病、統合失調症などに処方されます。レボトミンの副作用として、眠気や頭痛、口の渇きなどがあります。レボトミンを飲んで、体重増加した、太るという方もいます。

 

うつ病を克服する方法はこちら

 

レボトミンは抗精神病薬(メジャートランキライザー)としては代表的な薬で同様の成分の薬にはヒルナミンがあります。レボトミンは総合失調症や躁うつ病によく処方されますが、その効果は非常に気分を落ち着ける鎮静効果が高いのが特徴です。脳内のドーパミンの分量を調節し、脳が過剰に興奮するのを抑えてくれるのです。鎮静効果の高さを利用して抗不安剤として応用される場合や、催眠効果も強いのでレボトミンは睡眠障害時の睡眠導入剤としても処方される事があります。その強烈な催眠効果で翌朝まで眠気が残っていたり、けだるい倦怠感があったりなどの副作用が報告されています。後は、ヒルナミン同様にメジャートランキライザーを服用すると太ってしまう人が多いです。レボトミンは効き目が強い薬ですので離脱症状も出易く、稀に依存症になってしまう人もいますが副作用同様にそれほどひどい症状は出にくいです。それでも、完全に離脱症状が出ないと言う事ではありませんので、医師と相談の上、徐々に服用量を減らすようにしていった方が良いですね。


時給の高い仕事